G・シニアの気ままな雑記帖

アクセスカウンタ

zoom RSS 山城歩き・・・根小屋城・洗馬城・尾引城へ登る

<<   作成日時 : 2011/12/13 21:37   >>

ナイス ブログ気持玉 36 / トラックバック 0 / コメント 10

朝は冷え込んだが今日もよい天気、夫のお供で山城巡りに真田町(上田市)に出かけた。

@ 根小屋城

東太郎山の裏傍陽の沢沿いに入る、左手に特徴のある岩盤剥き出しの岩山が見えるのが根小屋城跡だ。

この城はこの地を支配していた曲尾氏の地蔵峠方面の備えで、その後沢山の戦いがありいろいろな戦国武将の手を経ているという。
画像


傍陽川を渡り木段を登る。
画像



ナラの林、落ち葉で足元が滑ります。
画像



本郭南側の石垣、大きな欅。
画像



本郭からの眺めがよい、北は絶壁で天然の要塞地形だ。
画像



下に街道が走る、地蔵峠を経て松代(長野市)へ抜けるのだ。
画像



烏帽子岳、達磨山、先日訪れた真田氏本城が見える。
画像



急な堀切を下り二の郭から大庭へ下るがアララ・・・笹の藪をかきわけて下りました。
画像



A 洗馬城

向こうは次に行く洗馬城跡です。
画像



途中にあった経塚に寄ってみた、経塚とは願い事の経文を埋めた塚。

道標には松代から来るには上田は右、江戸へは左と記されている、かっての松代道、戦国時代は真田氏が往来した重要な道でした。
画像



一石五輪塔があった、よくある五輪塔と違い一石に空・風・火・水・地を表す梵字が刻まれている。

画像



日蔭は霜で真っ白です。
画像



洗馬城は根小屋城と同じく地蔵峠を押さえる重要な城であったようだ、眺めも抜群。
画像



傍陽小学校の裏山で子供たちがよく登っているようだ、記帳ノートが置いてあった。
画像



烏帽子の横から湯の丸山が少し顔を出しています、山頂は木が少なく素晴らしい眺め。
画像



下りはまたまた凄い藪の階段、子供たちはここを下らないのか。
画像



B 尾引城

お昼を食べて午後は尾引城へ、本郭の背後に二重の堀切がある、そちらに回り林の遊歩道を下った。

山頂は秋葉神社の社殿がある、春は桜が美しいところ。
画像



綺麗な杉林の林道を車まで戻る。
画像


上田市と合併して予算が無いのか人手も無いのか関心も薄れたのか、立派な案内板が設置されていても道が藪になっていたところが多く残念でした、山城らしいと言えばそれまでですが。


お昼に寄った「福田」、ここの蕎麦は全て十割、とてもおいしいですよ〜〜。

画像


画像




                         
                    12月11日(土)

                       






テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 36
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い 面白い
ガッツ(がんばれ!)

コメント(10件)

内 容 ニックネーム/日時
戦国武将のことも興味深いですが、石垣に立つ大きな欅も見事ですね。
歴史に思いを馳せてタイムスリップしながら、このように雄大な山を眺めて歩いてみたいものです。
アルクノ
2011/12/13 23:03
アルクノさん
松本城など時代が下がってきて建てられた平城と違い戦国時代の山城ですから見張り台や狼煙台としての役割が多かったのでしょうね、下に街道を見下し兵になった気分です。(笑)
soreiyu
2011/12/14 10:56
本当に沢山の山城がありますね。
そのお城に住んでた武将達は、
同じグループの仲間だったのかな?
それともお互いに勢力争いをしていたのであろうか。
カメさん
2011/12/14 12:29
流石、真田一族の支配地、興味ある山城が沢山ありますね。
周囲の山々、まだ白くなっていませんが、今年は遅いのですか???
                   てくてく
てくてく
2011/12/14 15:43
カメさん
今残っている山城は戦国末期真田氏が小県を統一する頃のものらしいです、集団を形成し徳川軍など迎え撃ったとか。
soreiyu
2011/12/14 20:54
てくてくさん
今年ha雪が遅いと思います、スキー場は正月を控えヤキモキと思います、毎日零下になっていますからマシーンで雪を降らせているようです。
上田市周辺は晴天率が高く雪は少ないところなんですよ。
soreiyu
2011/12/14 20:57
よい天気だけに冷え込みも厳しいようですね、烏帽子岳の姿は懐かしく感じます、この時期の烏帽子岳にしては雪が少ないですね、大根や野沢菜を収穫する頃には烏帽子岳の頂上は白くなっていたものです。上田からだと湯の丸は見えませんが傍陽の山に登ったら少しのぞいて見えますね。
枯れ葉を踏んで良い山歩きをしましたね、羨ましいです。
十割そば、オイシソ〜、山歩きの後に最高ですね。
go
2011/12/14 22:23
戦国時代は、たくさんのお城があったのね。
こんな山の中(失礼)のお城での生活大変だったでしょうね。
これじゃ長生きできないわ

>日蔭は霜で真っ白です。
見てみたいな

>ここの蕎麦は全て十割
おいしいおそばが食べたい
もうヘトヘト
2011/12/14 23:30
goさん
野沢菜もタクアンも漬けました(笑)子供のころは山のように漬けたのを思い出します、冬の保存食でしたから。
お蕎麦は大好きです、最近はお蕎麦屋さんが増えましたね。
soreiyu
2011/12/15 15:01
もうヘトヘトさん
戦国時代は小さな領地の争いが激しかったのでしょうね、信州は山国ですから山城が沢山あります。
訪ね歩くのも楽しいですが私は...勉強不足で(笑)す。
soreiyu
2011/12/15 15:25

コメントする help

ニックネーム
本 文
山城歩き・・・根小屋城・洗馬城・尾引城へ登る G・シニアの気ままな雑記帖/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる