G・シニアの気ままな雑記帖

アクセスカウンタ

zoom RSS 太郎山の丁石完成! 今日も太郎山

<<   作成日時 : 2011/11/12 22:48   >>

ナイス ブログ気持玉 42 / トラックバック 0 / コメント 15

太郎山へ登る表参道は、山麓の山口集落のここがスタート地点だった、高速道路のため寸断されたが立派な石灯篭が今も残る。
画像



日当たりのよい山の南斜面は美味しいりんごが採れます、向こうに太郎山、家の方角から見る山の姿と少し違います。
画像




集落の外れに一丁目の丁石があります、二丁目は?見上げる上にありました。

丁石は109メートル毎に設置された道標で明治6年に地元の寄進で作られたそうです。
画像



今の登山口は高速道路のすぐ上です。
画像



長い間のうちに破損などで、ほとんど消滅と行方不明。
画像



NPO法人太郎山丁石復元事業実行委員会を立ち上げました。
画像


ボランティアなどの協力で神社までの丁石復元が完成。
画像



この山にある独特の岩石、緑色凝灰岩を切りだしたものです。
画像



台石だけ残っていたものもあります。
画像



この一帯で養蚕が盛んだったころは祈願などで参道も賑わい栄えたそうです。
画像



十二丁まで登りました、半分くらい登ったかな?
画像



明治6年ごろは日本に最初の鉄道が出来たころで激動の年でもあったようです。
画像



十四丁には立派な石の鳥居もあります、私がいつも登っている四十八曲がりのコースと合します。
画像



一丁109メートルでも歩幅で歩数がそれぞれに違い、面白いです、足の長さでそれなりに・・・。
画像



十七、十八丁まで来ました。
画像



十九丁です!
画像



東太郎山が見えます。
画像



もう少しですよ〜〜。
画像



二十二丁、最後の二十三丁です。
画像



先日復元完成のお祭りがありました。
画像



社務所の前から町を見ます、紅葉も終盤ですね。
画像




いつもの山頂まで登ります。
画像



先日縦走した虚空山の逆さ霧です、左に滝のように流れる時がありますが。
画像



まだ咲いてました、ほっ!
画像




今日は一丁から二十三丁までの丁石を確認しながらのんびりと山を楽しみました。


                  11月9日(水)




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 42
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
面白い

コメント(15件)

内 容 ニックネーム/日時
みんなに愛され大切にされているお山なんだね ^^
おいらの歩いているお山にも「丁石」が有るよ^^
てっぺんまでは50丁なんだけれど、現存する丁石は40足らずってきいたことがある……(’’)
で、丁石よりもずっとずっと多いのがお地蔵様で
こちらは ごろごろ わいわい がやがやと
たっくさん居る ^^;
p(-_-)q
2011/11/13 02:41
『丁石』
すごいわね
石を運び皆にわかるように道しるべを作ったとは優しいわ。
とても大変そうなところにある神社だけど
のんびり登山を楽しめるようになりたい
もうヘトヘト
2011/11/13 07:03
1丁の距離の計算が分からなかったので、
ネットで検索してみました。

約109m

1間(畳の縦の長さ)が約1.82m
1丁=60間≒109.2m

なるほど、納得です。

カメさん
2011/11/13 11:46
p(-_-)q さん
里山は昔地元の信仰を集めていましたからびっくりするほどいろいろありますね、今は何処も衰退しましたね。
ここはハイキングコースもあり市民の山になっています。
soreiyu
2011/11/13 17:32
もうヘトヘト さん
若いころは登るだけで、足元の歴史や花にあまり目が行かなかったけれど、最近は興味が湧いて膨らみ歩く楽しさが変わりました。
soreiyu
2011/11/13 17:35
カメさん
昔電信柱と電信柱の間隔が一丁って聞いていましたが、そんな距離だったのかしらと思います、町の電信柱も今は地中ですね。
soreiyu
2011/11/13 17:39
太郎山、懐かしい山です四十年以上っていません青年期まで上田に育った私ですが少年のころ良く遊んだ山です、そのころは白蛇神社の方からともう一つ虚空蔵山のルートでした、五月十三日の太郎神社のお祭りには近所の仲間と必ず上ったものです。山頂から五月晴れの空の向こうにアルプスノ白い峰を望んで未だ行ったことがない別世界に少年の夢が膨らんだものです。太郎山の逆さ霧、上田から見ていると水が太郎山を乗り越えて押し寄せてくるように見えた事を今でも覚えています。これからも懐かしいそちらの情報を見させて頂きます。
go
2011/11/13 20:18
いつもいつも山の素晴らしい景色に
感動しております。
それにしても、頂上からながめる紅葉は
素晴らしいのひとことです。
kyabetu
2011/11/13 21:56
goさん
こんにちは〜。
私はここに住んで40年がたちましたが上田もずいぶん変わりました、太郎山も市民の山として親しまれ毎日登る方がいます、手軽に登れるので人気です。
「故郷やどちらを見ても山笑う」でしょうか。
soreiyu
2011/11/14 18:22
soreiyuさんのブログを拝見していたら、久しぶりに太郎山に登りたくなって先週登ってきました、体力がないので、やっとこなんです。
soreiyu さんたちが付けてくれた樹木札を見ながらゆっくりと登りました。大鳥居のところに「丁石」の記念の大きなのがありました。
幸村
2011/11/14 18:24
丁石、1丁が109メートル、色々と
勉強させていただきました。
ひろピー
2011/11/14 20:08
幸村さん
太郎山に登られたのですか、晩秋も良いけれど、コブシ、桜、ニリンソウ、ヤマブキなど花の季節がお勧めです、裏参道には花があります、来年にご期待ください。
soreiyu
2011/11/14 20:47
ひろピーさん
つらい登りも何かお印があれば気も紛れ楽しいです、昔の人は信心深く神社、鳥居、灯篭など寄進された方が沢山いますね。
soreiyu
2011/11/14 20:51
丁石の説明文を読み飛ばしてしまっていて、途中まで山の中に○丁目って住所があるの?と誤解して読んでました。長さの単位だったんですね。
うずら
2011/11/15 16:11
今晩は!
こちらにも丁石の残る山が幾らかあります。
先人の考えには驚かされます!

太郎山は、身近にあって花も豊富でいい山のようですね。
山ちゃん
2011/11/15 20:52

コメントする help

ニックネーム
本 文
太郎山の丁石完成! 今日も太郎山 G・シニアの気ままな雑記帖/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる